コンクールで自分の力を発揮する

 

コンクールや人前に出ると、緊張してあがってしまい、自分の力が発揮出来ない事はありませんか?

 

これは、『あがり症』とも言われます。

 

人それぞれで度合い違い、極度にあがる人もいれば、そうではない人もいます。

 

正直な話、私は極度にあがっていたと思います。

 

 

喉はカラカラに渇き、膝はガクガクと震え、頭は真っ白となってしまい、

 

普段間違え無い所で間違ったりしていました。

 

最終的にコンクールが嫌いになり、中学生になってからはあまり出なくなりました。

 

 

当時、対策が取れていれば、人生が変わっていたかもしれません。本当にそう思います。

 

一人では克服は難しく、人にはなかなか理解されなくて苦しんでいる方もいるでしょう。

 

 

これを読んだ貴方は、私のようになって欲しくありません。

 

この教材を活用して、あがり症を改善して下さい。

 

あがり症改善プログラム

 

さらにこの教材には、人前でスピーチをしたりする為の実践的スキルも身につくといった優れものです。

 

あがってしまい、自分の力を発揮出来ない状況は終わりにしましょう。

 

 

 

また、多くのコンクールに出た経験から、コンクールに関しての特典を付けています。

 

少し長いですが一つのレポートとしてまとめてあります。

 

 コンクールで入賞する為に必要な考え方

 

この特典の内容は、

①コンクールに出る意味

②コンクールの採点に関する事

③入賞する為に必要な対策

④私の経験上、やっておいた方が良い対策

 

これらを本音で書いています。

 

これも活用して、良い成績を収めて下さい。

 

あがり症改善プログラム