Q&A

楽譜が早く読めるようになりたい Q&A⑰

投稿日:2018年1月29日 更新日:

Pocket

こんにちは。ケンです。

 

楽譜を読むことを譜読みと言ったりします。

 

始めた頃は当然読むのが遅いですが、慣れてきて早く読めるようになると、曲が形になるのが早くなります。

 

私はこの譜読みがとにかく遅いと思っています。そして今も遅いです(^^;  ・・・オイオイ!

 

 

「とにかく譜読みに時間がかかってしまい困っています。楽譜を見て直ぐに弾ける方法があれば教えて下さい」

 

こんな私にこの様な質問が来てしまって困りました・・。譜読みが苦手な私にこの質問はキツイ・・・!!!!!

 

でも、こんな私だからこそ、この様な気持ちは良くわかります! 色々と過去を思い出しながら記事にしたいと思います。

 

 

1、譜読みが早いと初見もデキる?

ここでいきなり出てきた初見という文字。

 

初見とは、初めての曲の楽譜を渡されて、楽譜を見ながら通して一曲弾けることを指しています。

 

初めて楽譜を見て、そのまま弾けることから初見と言われます。

 

 

譜読みの話に戻ります。早く楽譜が読めて、そのまま弾ければ初見になると思いませんか?

 

でも、、譜読みってどういう事を指しているんでしょう?楽譜を読む??何処まで??

 

これは、人それぞれで解釈も違うし、内容も違います。ざっくりと以下の話になるのでないかと思います。

 

①なんとなく、間違えながらでも一通り軽く弾ける状態
②記号、装飾も加味しながら弾ける状態
③間違えずに、楽譜通りに弾ける状態

 

私個人的には①まで出来れば、初見が出来ていると思っています。

 

今回質問をして頂いた内容としては、①まで到達するのに時間が掛かると言っていると推測します。

 

 

私個人的には、譜読みって時間が掛かると思っています。やっている人なら分かると思いますが、①の”通して弾ける”状態まで持っていくのが大変です。

 

読むのが遅いと、1音1音見ながら・・・1小節弾くのも一苦労ですから。

 

とりあえず通して弾ける状態まで到達していれば、後は意外とすんなり行く事が多かったように記憶しています。

 

2、早く譜読みをする為に必要なこと

まず、いきなり楽譜を見て弾ける人の事(初見がデキる人)を想像してみて下さい。

 

何処を見ながら弾きますか??? 楽譜ですよね?手元を見ながら弾く人は居ません。だって楽譜を目で先読みしないと弾けませんから。

 

そこから分かる条件としては、以下となります。

 

条件1:鍵盤の音の位置が把握出来ている事

 

当然、音が飛んでいる位置なんかは鍵盤をチラっと見る事もあるでしょうが、基本的には楽譜を見て弾いている筈です。

 

この条件を満たす為には、慣れが必要です。ピアノをやり始めて直ぐの人は難しいです。長くやっていると感覚で覚えてしまうので、トレーニングは必要無いと思います。

 

ただ、やり始めて間もない頃で楽譜をパッとみて直ぐに弾けるなんて甘い考えです。簡単な曲なら可能性もあるとは思いますけど・・。

 

 

次の条件はこれになります。

 

条件2:楽譜をパッと見て、音が判別出来ること

 

当たり前と言えば当たり前ですよね? 和音なら迷う事はあっても、一音一音を直ぐに読めないようでは譜読みに時間が掛かります。

 

毎回毎回これはド。これはミの音だ・・・そんな事をやっていてはダメです。ト音記号とヘ音記号しかないので、何処がドなのか。何処が何の音なのかくらいは判別出来るようになりましょう。

 

早い譜読みに、これくらいは直ぐに判別出来ないと話になりません。これも実は長くやっていれば慣れて出来るようになってきます。

 

 

私はこの2条件が必須であり、初期の譜読みにおいてこれ以上の事は必要ないと思っています。

 

この2つが出来ないようであれば、数をこなして、まず慣れてみてはどうでしょうか?

 

3、譜読みのトレーニング方法

先ほど譜読みには慣れが必要だと書いたのですが、長年やっていても譜読みが遅い人は遅いです。ここは個人差があると思います。私も遅いです。

 

ただ、簡単な曲は初見で弾けるので、全く早い譜読みが出来ないワケではありません。少なくても早く譜読みが出来る条件は満たしていると思っています。

 

ここは、こうやると良いよっていう師匠の話を思い出しながら書きたいと思います。

 

①簡単な楽譜を山ほど初見で練習してみる

まず、早い譜読みがしたいのであれば、楽譜に書いてある音を瞬時に把握しなければなりません。

 

1音ではなく、両手で弾く分を一度に読まないといけません。まして和音なんかが入っていると、もっと多くの音を同時に把握しないとダメなんです。

 

なので、自分の今のレベルよりも簡単な楽譜をパッとみて弾く練習をします。ここは数をこなせと言われていたと思います。

 

そうすれば、両手の音を瞬時に読む練習になる・・と。

 

②難しい楽譜を読む

簡単な楽譜の初見を練習しているだけでは、簡単な楽譜の譜読みしか出来ません。

 

なので、自分のレベルよりも難しい曲の楽譜をゆっくり、そしてじっくり読めと言われていました。

 

1音1音確かめながら、両手でゆっくり弾きます。ココは両手という所がポイントです。

 

今の自分が瞬時に読める音符の数を増やしていき、数をこなして慣れて行けば、いつの間にか早い譜読みが出来ると言われていましたね。

 

 

結論としては、慣れという事なんですけど・・。これで質問者さんは納得して貰えるかな??

 

これはトレーニングしたからと言って直ぐに出来るとは思えないので、長い目で見て取り組んでみて下さいね。

 

ではでは。今日も楽しく行きましょう!

 


私が長い間ピアノをやめなかったコツや、

習慣化して長く続けることが出来る方法、

または、以下の様な内容について私の体験談と一緒に配信しています。

・ピアノが習いたい、習わせたい

・ピアノに関する情報が欲しい

・早く弾けるようになりたい

・興味を持たせる方法が知りたい

・習慣化させて長く続けたい

無料で配信しているので、興味があればどうぞ

⇒ ケンのメルマガ


 

-Q&A
-, ,

執筆者:


  1. […] 初見に関する記事は別にあるので、こちらもご覧下さい。 ⇒楽譜を早く読むには? […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

関連記事

暇な人しか出来ないの? Q&A⑨

こんにちは。ケンです。   このようなメッセージを送ってくれた方がいました。   「ブログもピアノもやる時間があるって暇なんですか?」   「そうです、暇です(^^) 」 …

あがり症の克服方法 Q&A⑤

こんにちは。ケンです。   私はあがり症だ・・人前に出ると緊張して本来の行動が出来ない・・そのように感じている人は多いかもしれません。   今回はあがり症について質問をいただきまし …

スタッカートが上手に弾けない Q&A⑭

こんにちは。ケンです。   スタッカート・・・この記号良く出てきますよね。 一つ一つを短く切って演奏するといった意味となります。   質問として、スタッカートを上手に弾くコツを教え …

楽をして上手くなる方法はありませんか? Q&A⑧

こんにちは。ケンです。   ブログを読んでくれている方から非常にストレートな質問を頂きました(^^   40代男性の方からです。抜粋しています。   ↓↓ いつも拝見させ …

初心者でもピアノが出来ますか? Q&A①

こんにちは。ケンです。   ブログを書き始めて、記事数が少しずつ増えてきました。   メッセージを貰ったりする事もあるので、その内容を少しずつ書いていきたいと思います。 ※内容は抜 …

プロフィール

     ケンのプロフィール

1979年生まれ 三重県出身

主なピアノ歴は6歳から22歳まで。就職がきっかけで一度辞める事となったが、生活が落ち着いてきた為にまた始め、1年が経過しました。

テンポの早い曲が好きで、逆にゆっくりなのは苦手。 最近は弾きたい曲を探して楽しくやっています。

このブログでは、ピアノを始めようといった初心者の方や、音楽に興味を持っていただいている方へ情報を発信しています。ブログ更新は不定期ですが、なるべく一週間の内に更新しています。

さらに詳しいプロフィールをご覧になっていただける方は こちらからどうぞ

--------------------------------------

ブログランキングに参加しています
応援宜しくお願いします。ポチっ♪
↓↓ 


ピアノ ブログランキングへ

お気に入り登録

--------------------------------------

お気に入り登録

『 Ctrl + D 』 

で追加できます。

--------------------------------------

人気記事一覧

人気記事一覧

サイトマップ

 

全ての投稿はココからどうぞ。

サイトマップ

最近の投稿一覧

--------------------------------------

最近の投稿一覧

カテゴリー別

--------------------------------------

カテゴリー別

アーカイブ