まめちしき

手と指の大きさとピアノの鍵盤

投稿日:2017年2月28日 更新日:

Pocket

こんにちは ケンです

 

ピアノを弾くにはどの程度の手の大きさが必要だと思いますか?

 

今回はそのような投稿をしたいと思います。

 

 

-目次-

1、指の大きさと鍵盤の大きさ

2、鍵盤から鍵盤のどこまで届けばいいの?

 -指が届かない場合の弾き方

 

1、指の大きさと鍵盤の大きさ

 

まず、ピアノの鍵盤の幅はご存知でしょうか?

色々とありますが、

 

白い部分は2.2cm程度です

 

指の幅がそれよりも小さければ、鍵盤をはみ出ることはないですね。

それよりも大きいと、複数音を弾くことになってしまうので無理です。

 

日本人の指の大きさってどの程度なのか

 

薬指を基準に考えてみたいと思います。

 

なぜ薬指の話をするかと言うと、

指輪のサイズから指の大きさを推測しようかと思いました。

指先とリングをはめる部分って、そう大きく違いませんよね?

 

表1 リングの直径とリングサイズ

リングの直径[mm] 日本[号]
13 1
15.0 7
18.0 16
21.0 25
22.0 28
23.4 32

少なくとも、

28号以上の指輪サイズの人がピアノを弾くのは難しそうです。

 

25号程度の人でも、

ピアノは弾いている間指は高速で動きますので、

正確に音を奏でるには難しいかもしれません。

 

日本人の指の大きさの平均はどの程度かと言いますと、

女性の指輪サイズの平均は6号(直径14.7mm)~9号(直径15.7mm)

男性の指輪サイズの平均は15号(直径17.7mm)~20号(直径19.4mm)

 

これらは、身長と体重である程度わかるようです。

20号だと、体重90kg前後の人が多いみたいなので、、、

相撲取りのように、150kg前後の人はピアノは無理そうですね・・。

 

私の場合は、小さい頃にピアノをやっていたせいか、

指が細いです。13号です。笑

 

2、鍵盤から鍵盤のどこまで届けばいいの?

 

あくまでも、私の場合なのですが、

小さい頃(特に小学生)は手が小さくて困りました。

困っていた頃は1オクターブ幅が取れなかった頃です。

 

今でも1オクターブ+1音(ド~レまで)しか届きません。

ですが、ほとんどの曲は弾くのに困りません(たまにはあります)

 

ピアノには、1オクターブを挟んだ同じ音を弾く場合も多いので、

1オクターブ以上届くのであれば問題ないと思います。

 

指が届かない場合の弾き方

 

普通に弾いても指が届かない、困った。

 

そんな時に私がやっていたテクニックです。

あくまで誤魔化しなので、参考程度にどうぞ。

 

・鍵盤の端っこを弾く

・ペダルを使う

 

鍵盤の端を引く

 

この方法は、ぎりぎり届くか届かないか。

そういった場合です。

 

 

 

 

上記の赤い点線部分に指を引っ掛けます。(ド-ドの場合)

鍵盤上から弾くよりも、少し遠くまで届きます。

 

ペダルを使う

 

これはどうしても届かない場合です。

 

どちらかの音を弾いて、ペダルを踏み、

もう一つの音を弾きます。

大きく音がずれると変になるので、ちょっとコツが必要です。

 

結局一番いいのは、どちらか一音だけ弾くということかも知れませんね。

 


私が長い間ピアノをやめなかったコツや、

習慣化して長く続けることが出来る方法、

または、以下の様な内容について私の体験談と一緒に配信しています。

・ピアノが習いたい、習わせたい

・ピアノに関する情報が欲しい

・早く弾けるようになりたい

・興味を持たせる方法が知りたい

・習慣化させて長く続けたい

無料で配信しているので、興味があればどうぞ

⇒ ケンのメルマガ


 

-まめちしき
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

上手にならない。何故だと思いますか?

こんにちは。ケンです。   『ピアノがなかなか上手くなりません。どうすれば良いでしょうか?』   送って頂いているメールの半分くらいは、こういう感じの内容が含まれます。 &nbsp …

鍵盤から指を離す時に思う事

こんにちは。ケンです。   前回はタッチの話をしたので、その流れで鍵盤を打鍵した後の事を書きたいと思います。 ⇒タッチについて考えてみる   いつも話をしているピアノの先生の家には …

グリッサンドの練習で流血

こんにちは。ケンです。   ピアノの演奏を聴いていて、『カッコイイーー』と思う瞬間の一つ、グリッサンド。   その演奏に憧れ、練習のし過ぎ(?)で鍵盤に血が付いた事もあります。 & …

日本のピアノメーカー

こんにちは   もはや絶大なブランドとして 認知されている   MADE IN JAPAN   聞いた事あると思います。   日本製という意味ですが、 食品など …

上達するには、色々な人の演奏を聴くべき

ピアノを教えている時などによく聞かれます。   「上手い人の演奏を聴いた方が良いの?」と   当然「聴いた方が良いと思います」と答えます。ただ、これに関して色々と思う所があるので取 …

プロフィール

     ケンのプロフィール

1979年生まれ 三重県出身

主なピアノ歴は6歳から22歳まで。就職がきっかけで一度辞める事となったが、生活が落ち着いてきた為にまた始め、1年が経過しました。

テンポの早い曲が好きで、逆にゆっくりなのは苦手。 最近は弾きたい曲を探して楽しくやっています。

このブログでは、ピアノを始めようといった初心者の方や、音楽に興味を持っていただいている方へ情報を発信しています。ブログ更新は不定期ですが、なるべく一週間の内に更新しています。

さらに詳しいプロフィールをご覧になっていただける方は こちらからどうぞ

--------------------------------------

ブログランキングに参加しています
応援宜しくお願いします。ポチっ♪
↓↓ 


ピアノ ブログランキングへ

お気に入り登録

--------------------------------------

お気に入り登録

『 Ctrl + D 』 

で追加できます。

--------------------------------------

人気記事一覧

人気記事一覧

サイトマップ

 

全ての投稿はココからどうぞ。

サイトマップ

最近の投稿一覧

--------------------------------------

最近の投稿一覧

カテゴリー別

--------------------------------------

カテゴリー別

アーカイブ