まめちしき

リズムの取り方、感じ方ってどんな感じでやっていますか?

投稿日:2018年4月11日 更新日:

Pocket

リズムを取るのが苦手・・そんな方は多いと思います。

 

私は普通だと思ってます(そう思っているダケかも・・・)

 

私の場合、ブランクが長く指があまり自在に動かせない時に、意図せず変なテンポになってしまう事がありました。(例:同じ8分音符を続けて弾くときに、本来ならタン、タン、タンのリズムが、タ、タン、タンと一音目と二音目が走ってしまう等々)

 

・・・これは、今でもやってしまいます。これはリズムの取り方で、この現象が少し改善される事もあります。

 

 

リズムの取り方が苦手な人もいると思うので、苦手な人は参考にしてみて下さいね。(あくまで私個人的な意見です。はい)

 

他にもリズムに関する投稿がありますので、興味がある方はどうぞ
体でリズムを取る事、感情を込める事

 

 

1、大きく強弱を付け、リズムを刻んでみる

基本的にリズムは、強拍と弱拍で構成されています。

 

ピアノでやっていると、強弱をそれほど気にしない場合も多いと思いますが、苦手な人は刻んでいるリズムを分かり易くする為に、試しに過剰なくらい強弱をつけてみて下さい。

 

23、23、23・・・

234、234、234・・・

4、4、4・・・

※太字を強く弾いてみる

 

一般的なのは初めの1音目を強調することで、リズムが取りやすくなります。

 

例えば、難しいと感じるかもしれない8分の9拍子の曲。これは3拍子を3つに分ける事でリズムが理解出来るようになるでしょう。

 

23、23、23

 

このように、9拍子を3拍子3個に分解し、3拍子の頭を強くすることでリズムが取り易くなります。

 

実際に8分の9拍子に苦労している方は参考にしてみて下さいね。

 

 

・・・こんな感じで、慣れない内は過剰なくらい強調してリズムを取ってみましょう。(練習の時だけですよ。本番はダメよ)

 

2、体を使ってリズムを刻んでみる

リズムを刻む時、体の色々な部分を使うと早く慣れる気がします。

 

手拍子、足で踏んでリズムを作る等々・・。こんな事をやっている内に、体がリズムを覚えてしまうと思います。実際ソルフェージュという物をする時は、手や足を使う事もあります。

 

人前で体を使うのは恥ずかしい・・・そんな人は誰も居ないところで、こっそり手拍子でやってみても良いと思います。

 

 

リズムは体に叩き込ませる・・・昔こんな事言われたような・・言われていないような・・・(^^;

 

実際に手や足を使っていると楽しくなってくるので、ぜひやってみて下さいね。

 

3、音と音の間が走ってしまう対策

冒頭でも書きましたが、私の場合は音と音の間のテンポが変になる事があります。

 

テンテンと弾く所が、テテッと走ってしまうのです。早い曲ではなくて、ゆっくりの曲の場合に多い現象です。

 

こういった場合でも、初めの音を意図的に強く引いたりする事で正確なリズムが刻みやすくなる気がします。まあ、、こういった現象は練習不足の時に出る気がするので、練習をしていけば治る現象だと思いますが。

 

私の場合、練習の時だけ特別に自分で拍が取りやすいように強弱をつけて練習する事もありました。自分が弾きやすいように、、、弾けるように、、、色々と工夫しながらリズムを取ってみてはどうでしょうか?

 

そして慣れてくれば、本来の強弱で弾けるようになると思います。

 

誰だって苦手なリズムがあると思いますので、そこは工夫しながら楽しんで行きましょうね。

 

ではでは。

 


私が長い間ピアノをやめなかったコツや、習慣化して長く続けることが出来る方法、または、以下の様な内容について私の体験談と一緒に配信しています。

・ピアノが習いたい、習わせたい

・ピアノに関する情報が欲しい

・早く弾けるようになりたい

・興味を持たせる方法が知りたい

・習慣化させて長く続けたい

無料で配信しているので、興味があればどうぞ

⇒ ケンのメルマガ


 

-まめちしき
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

日本のピアノメーカー

こんにちは   もはや絶大なブランドとして 認知されている   MADE IN JAPAN   聞いた事あると思います。   日本製という意味ですが、 食品など …

調号の順番と変調

こんにちは。ケンです。   ピアノをする上で、シャープ(#)やフラット(b)といった記号は避けて通れません。   この2つの記号の事を調号と言います。   調号は付く順番 …

損をして得をした話

こんにちは   私の実家にはグランドピアノが置いてありました。 (ペダルが2本しかないタイプ)   皆さんはペダルと言われると、 3本を思い浮かべるとおもいますが、 中には2本のタ …

フェルマータについて

こんにちは。ケンです。   楽譜を見ているとちょくちょく出てくるフェルマータ。 大半の人は意味を知っていると思います。   今回はフェルマータの話です。   目次1、フェ …

上達するには、色々な人の演奏を聴くべき

ピアノを教えている時などによく聞かれます。   「上手い人の演奏を聴いた方が良いの?」と   当然「聴いた方が良いと思います」と答えます。ただ、これに関して色々と思う所があるので取 …

プロフィール

     ケンのプロフィール

1979年生まれ 三重県出身

主なピアノ歴は6歳から22歳まで。就職がきっかけで一度辞める事となったが、生活が落ち着いてきた為にまた始め、1年が経過しました。

テンポの早い曲が好きで、逆にゆっくりなのは苦手。 最近は弾きたい曲を探して楽しくやっています。

このブログでは、ピアノを始めようといった初心者の方や、音楽に興味を持っていただいている方へ情報を発信しています。ブログ更新は不定期ですが、なるべく一週間の内に更新しています。

さらに詳しいプロフィールをご覧になっていただける方は こちらからどうぞ

--------------------------------------

ブログランキングに参加しています
応援宜しくお願いします。ポチっ♪
↓↓ 


ピアノ ブログランキングへ

お気に入り登録

--------------------------------------

お気に入り登録

『 Ctrl + D 』 

で追加できます。

--------------------------------------

人気記事一覧

人気記事一覧

サイトマップ

 

全ての投稿はココからどうぞ。

サイトマップ

最近の投稿一覧

--------------------------------------

最近の投稿一覧

カテゴリー別

--------------------------------------

カテゴリー別

アーカイブ