大人向け

コンクールの目的、、変わってませんか?

投稿日:2017年9月6日 更新日:

Pocket

こんにちは。ケンです。

 

こんな私のブログを読んでくれている方がそれなりにいて、コンクール関連のアクセスが以外と多いです。

 

同じ様な事を聞かれたりする事も多く、似たような悩みを持っている方が多いと感じる為、私個人的な考えを纏めて投稿したいと思います。

 

批判あるかもしれませんが、そんな事気にしないで私の本心を書きますね。

 

 

1、コンクールの目的

個人で言うなら経験を得る。または賞を得る事です。

 

主催者側から見て少し大きい事を言うと、国の芸術文化の発展に寄与する事。

 

これらの事がコンクールの目的として挙げられます。他にも色々とあるでしょうね。

 

ここからは個人向けの話をしますが、コンクールに出て何かを得るとすれば一番大きいのは経験と言えます。あんなに緊張する場面、めったにないでしょう。場馴れといいますか、、そういった機会を得るだけでも貴重だと思います。

 

賞を取ると賞状やトロフィーなんかも得る事が出来ます。これからその道に行くのであれば、芸術の世界で必須と言える”箔”を得る事も出来るでしょう。音楽の世界では実績がとても重要です。

 

実際私の兄も、有名なコンクールで上位入賞することで推薦入学をしたようです。そういった材料にはなるでしょうね。

 

2、お金が無いと始まらない

コンクール一つ出るにもお金が掛かります。

 

これは別の投稿でも触れてます
コンクールに入賞する為には

 

この前メッセージを送ってくれた方は、子供がピティナの全国大会に出るとのこと。(決勝と書いてあったので地区本選ではなくて、全国大会だと予想)

 

私の時は専用の先生に習ったりはしましたが、ホールまで借りて練習はしませんでした。でもその方はホールまで借りてやっている対策をしているみたいですね。通常のレッスン以外に特別な事をすると、コストが半端ないです。ホールっていくらなんですかね?気になります(^^;

 

ピティナは級にもよりますが、コンクールの中でもレベルが高いです。本選ともなるとこれくらいが普通なのかもしれません。

 

中にはコンクールを行脚する人もいるみたいなので、コンクールに沢山出るのであれば、、お金持ちにしか無理ですね。。

 

私の様な貧乏人には無理ってもんです。

 

ちょっと話が逸れますが、音大はどこかのお嬢様(金持ちってこと!)が多いです。芸術の世界って結局金かよ・・って思った事もあります。でもこれが現実だと思います。

 

ある程度上手な人に、お金さえきっちりかけて対策を取れば、ある程度の所までイケると思います。

 

でも・・・そこまでしてやる価値ありますか?

 

3、目的が変わってない?

コンクール関連のメッセージを読むと、どういう風に対策を取れば良いかと聞く人と、お金の事を書く人が大体半々です。

 

結構背伸びして対策を取っている人も居るように見えます。

 

メッセージの文面を深く見てみると、子供が頑張った結果として入賞すると言うよりは、大人が入賞させたいように見えるのは気のせいかな?と思う事もあります。

 

経験云々よりも、沢山お金をかけて対策し、入賞することが目的となってしまっている・・・何か間違っていると思いませんか? 本選行った事がある人はわかりますが、子供よりも大人の方がピリピリしています。

 

演奏で失敗すると、叱責する親も多いです。

 

でもね。。子供だって失敗したくてそうなったワケじゃないんです。一言目は褒めてあげるべきだと思うんです。物凄い緊張しているんですから。

 

まあ、勝負の世界なんで、出るからにはテッペン目指すのは当然と言えば当然ですけど、色々な事を大人が子供に押し付けているんじゃないかと思う事が多すぎるように感じます。

 

なぜコンクールに出すのか?その目的は?

 

親が子供にレールを敷いていませんか?理想を押し付けていませんか?

 

こんな事をコンクールに出す前に一度考えてみてはどうでしょうか? 少なくとも親の理想を子供に押し付けるのは勘弁してあげてくださいね。

 

 

ではでは。今日もピアノを楽しみましょう!

 


私が長い間ピアノをやめなかったコツや、習慣化して長く続けることが出来る方法、または、以下の様な内容について私の体験談と一緒に配信しています。

・ピアノが習いたい、習わせたい

・ピアノに関する情報が欲しい

・早く弾けるようになりたい

・興味を持たせる方法が知りたい

・習慣化させて長く続けたい

無料で配信しているので、興味があればどうぞ

⇒ ケンのメルマガ


 

-大人向け
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

婚活とピアノ

こんにちは   先日、ふとテレビをみていた時の事です。 日本の結婚状況をやっていました。   注目されていたのは、 50歳男性の未婚率なんですけど、 凄く驚きました。   …

デイサービスとピアノ

こんにちは ケンです   昨日、食事をしようと外へ家族で出た所、 時々行っていた飲食店が潰れていました。   外観は同じで、 中身がデイサービスなってました。   コスト …

大人になってからのピアノは難しいのか

こんにちは。ケンです。   子供の頃にピアノをしたことがないという方で、大人になってからピアノをしようといった人。昔やっていたけど途中で辞めてしまい、またやり始めようといった人もいるでしょう …

多く練習をすれば良いと思いがち

  こんにちは ケンです   先週の日曜日は、 友人の子供(小学4年生の女の子)の ピアノを教えに行きました。   とはいっても、 1時間くらいみるだけです。 (当然無料 …

乾燥肌で悩み中

こんにちは ケンです。   ピアノを弾いていると、 技術的なことと、実は乾燥肌で困っている人もいると思います。   特に冬になると、 乾燥肌でハンドクリームを塗る人は多いですよね? …

プロフィール

     ケンのプロフィール

1979年生まれ 三重県出身

主なピアノ歴は6歳から22歳まで。就職がきっかけで一度辞める事となったが、生活が落ち着いてきた為にまた始めました。

テンポの早い曲が好きで、逆にゆっくりなのは苦手。 久しぶりにやり始めたら、手がさび付いていてなかなか上手く弾けず、一生懸命リハビリ中の毎日です。

このブログでは、ピアノを始めようといった初心者の方や、音楽に興味を持っていただいている方へ情報を発信しています。

さらに詳しいプロフィールをご覧になっていただける方は こちらからどうぞ

--------------------------------------

ブログランキングに参加しています
応援宜しくお願いします。ポチっ♪
↓↓ 


ピアノ ブログランキングへ

お気に入り登録

--------------------------------------

お気に入り登録

『 Ctrl + D 』 

で追加できます。

--------------------------------------

人気記事一覧

人気記事一覧

サイトマップ

 

全ての投稿はココからどうぞ。

サイトマップ

最近の投稿一覧

--------------------------------------

最近の投稿一覧

カテゴリー別

--------------------------------------

カテゴリー別

アーカイブ