マインド

音楽で食べていく方法を考えてみたけれど・・

投稿日:

Pocket

こんにちは ケンです。

 

前回の投稿は、

芸術に関する私の考え方を投稿しました。

芸術の世界

 

ここでは音楽(ピアノ)で、

食べていく方法について考えてみます。

 

—目次—

1、音楽で食べるとはどういうことか

2、箔をつける方法

3、ソーシャルメディアを活用

4、道のりは長い

 

1、音楽で食べるとはどういうことか

 

根本的な事を考えてみます。

ここではピアノです。

 

音楽で食べるとはどういうことでしょうか。

 

音楽でお金を稼ぎ、音楽で生活を成立させる。

 

簡単に書くとこのような事です。

 

では、ピアノという技術を使ってどのようにお金を稼ぎますか?

 

・ピアノの講師をする

・学校の教師

・音楽メーカに就職

・プロのピアニスト

 

他にも探せば山のようにあると思いますが、

ざっと思いつくのはこのくらいです。

ちょっと一つずつ見てみます。

 

<ピアノの講師>

私が住んでいる半径2km圏内に、

ピアノ教室の看板が知っているだけで3つあります。

(一つは知り合いですが)

 

少子化でピアノ人口は減っていると思っていましたが、

そうではないかも知れません。

大人からする人も増えてきたと思います。

 

こういったブログを書いているので、

ピアノ教室を探してしまうのですが、

そうは言っても、ちょっと教室の数が多い気がします。

 

<学校の教師>

音楽専門であれば、中学校以上の教師です。

 

私が小さい頃は、教師になり易かったようですが、

今は違います。

かなり狭き門であると思っていた方が良いでしょう。

 

<メーカに就職>

音楽をしていた経歴で、

専門メーカでの採用枠はあるでしょう。

 

でも、私であれば、

一般の大学を出ている人の方を多く取ります。

実際のところは知りませんが、メーカの数も少ないので

採用人数は少ないと予想します。

 

<プロになる>

プロの世界はシビアで、

前回の投稿でも書きましたが、経歴がモノを言います。

 

公演をするような所に所属して、公演を回るのか、

ピアノでコンサートを開くのか、、

はたまた、作曲家をめざすのかもしれません。

・・・

・・・

他にもプロとしてお金を稼ぐ方法はあるでしょう。

でも、すべて経歴がモノを言うし、

当然他の人よりも優れている必要がありますよね?

 

 

そのように考え始めると、

かなり厳しい世界のように思います。

 

2、箔をつける方法

 

箔をつけるとは、

あなたという人に価値をつけるということです。

 

では何が価値になるのでしょうか。

 

・出身大学

・コンクール入賞実績

・海外留学経験

・有名ピアニストの弟子

 

これくらいでしょうか。

 

良い大学を出てる

日本のコンクールでもたくさん入賞している

海外留学をして、有名な国際コンクールでも入賞

さらには、有名のピアニストの弟子なんていう肩書きがあればいい

 

こんな風に箔をつけていくワケですね。

でも簡単ではない・・・むしろ無理じゃないの?

 

そんなレベルに感じます。

 

野球やテニス、他のスポーツと一緒で

プロとして食べていけるのは頂上のごく一部だけです。

 

3、ソーシャルメディアを活用

 

厳しい、否定。そんなことばかり言っているよね。

ここまで読んだ方はそう思うでしょう。

 

すみません。でもそういう世界だと思っています。

 

でも、

まだイケるかもしれないと思っている分野があります。

最近は、ソーシャルメディアが急激に発達し始めました。

 

ピアノは古くからあるため、

それに携わる人は変化を嫌う傾向があります。

 

つまり

ユーチューブやSNS、そういった部類のモノには適応せず

時代遅れの人も多い分野でもあります。

 

”ピアノ”、”動画”

このように検索をかけると、かなりの数が出てきます。

普通に超絶技巧なんて所で勝負するのではなくて、

 

この曲をこのように面白く弾いてみた。

 

そんな感じの動画はまだまだ少ないです。

 

そのような形でやれば、

一気に名前が売れる可能性はあると思っています。

 

4、道のりは長い

 

色々と書いてきましたが、

やはりピアノで成功するのはなかなか難しいですね。

(どの世界でも同じですけど)

 

私には兄がいるのですが、

実際に音楽で生活ができるようになったのは、

40歳を超えてからでした。

 

それまでは、バイトもしていたみたいです。

(音楽系のバイトだったみたいですけど)

 

もちろん、コンクールでの実績もあり、海外留学もしています。

でも、そんな人はたくさんいるのです。

 

普通にサラリーマンで就職すれば20代前半で自立できますが、

ピアノとなると、時間がかかりそうですね。

 

お金も時間もかかる世界、それも芸術だと私は思っています。

 

では、今回はこの辺りで

 


 

私が長い間ピアノをやめなかったコツや、

習慣化して長く続けることが出来る方法、

または、以下の様な内容について私の体験談と一緒に配信しています。

・ピアノが習いたい、習わせたい

・ピアノに関する情報が欲しい

・早く弾けるようになりたい

・興味を持たせる方法が知りたい

・習慣化させて長く続けたい

無料で配信しているので、興味があればどうぞ

⇒ ケンのメルマガ


 

 

-マインド
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

負けたら悔しいですか?

こんにちは。ケンです。   先日、あるスポーツの大会がありました。そこで思った事があるので投稿したいと思います。   目次1、試合の結果を見て思った事2、負けた時に違和感を感じる3 …

緊張のコントロール方法とは

こんにちは。ケンです。   誰しも緊張をする場面が生活上であると思います。   ピアノを例にしてみると、色々と緊張をする場面があります。そんな緊張の場面と私が行っていた対策について …

進学塾の説明会に行って思った事

こんにちは ケンです。   先日、学習塾の進路説明会というものがあったため、 家族全員で聴いてきました。   子供の成長は早いもので、もう小学校高学年です。   もう少し …

大人が趣味を途中でやめてしまう理由

こんにちは。ケンです。   趣味を止めてしまう理由って、何だと思いますか?    私も途中でピアノを止めてしまった人間です。その時は生活環境の劇的な変化が原因でした。どうしてもピア …

恥ずかしい?

こんにちは ケンです。   私が小さい頃ピアノをしていた時、 よく思っていたことがありました。   それは、   「男がピアノをするなんて恥ずかしい」   って …

プロフィール

     ケンのプロフィール

1979年生まれ 三重県出身

主なピアノ歴は6歳から22歳まで。就職がきっかけで一度辞める事となったが、生活が落ち着いてきた為にまた始め、1年が経過しました。

テンポの早い曲が好きで、逆にゆっくりなのは苦手。 最近は弾きたい曲を探して楽しくやっています。

このブログでは、ピアノを始めようといった初心者の方や、音楽に興味を持っていただいている方へ情報を発信しています。ブログ更新は不定期ですが、なるべく一週間の内に更新しています。

さらに詳しいプロフィールをご覧になっていただける方は こちらからどうぞ

--------------------------------------

ブログランキングに参加しています
応援宜しくお願いします。ポチっ♪
↓↓ 


ピアノ ブログランキングへ

お気に入り登録

--------------------------------------

お気に入り登録

『 Ctrl + D 』 

で追加できます。

--------------------------------------

人気記事一覧

人気記事一覧

サイトマップ

 

全ての投稿はココからどうぞ。

サイトマップ

最近の投稿一覧

--------------------------------------

最近の投稿一覧

カテゴリー別

--------------------------------------

カテゴリー別

アーカイブ