Q&A

コンクールで入賞する為には Q&A③

投稿日:2017年5月3日 更新日:

Pocket

こんにちは。ケンです。

 

ピアノをしていると、コンクールに出よう(出させよう)

 

そういった事があります。

 

正直に言いますと、私は同じ年代の子供の中ではかなり上手だったと思います。

 

レッスンの後に突然、「コンクールに出てみないか」と言われたのを今でも覚えています。

 

思い起こすと、コンクールには多く出場しました。

 

金賞を取ったり、他にも数多く入賞した記憶がありますが、どんなコンクールに出たか思い出せない・・。今度実家に行ったときに、賞状があれば確認してこようと思います。

 

コンクール自体は、春、夏、秋、冬どの季節でも開催されていて、レベルも様々です。
今回はそんなコンクールの質問が来たため、実体験からの回答をしたいと思います。

 

 

1、質問内容

 

コンクールの有名所は、グレンツェンやピティナ、カワイですね。

 

このブログを読んで頂いている方から、以下の様は質問を頂きました。(内容は個人情報を削除し、分かり易くする為に抜粋しています)

 

年齢は40代女性からです。

 

以下抜粋

↓↓↓
今度娘がコンクールに出るようになったのですが、入賞を狙いたいと思っています。
入賞するためのコツなどありましたら教えていただけますと助かります。
↑↑↑ ここまで

 

どのコンクールに出るのかは記載していなかったので、この回答をご覧になったらぜひ教えてくださいね。

 

2、コンクールで重要視される基本項目と抑えておくこと

 

どのコンクールでも重要視される基本的な項目を記載しておきます。

 

<基本項目>

・ホールマナー
・服装
・髪型
・演奏の姿勢

 

ここは必ず押さえます。つまらない所で減点はもったいないので、何度も確認しましょう。
※本番の格好で練習をすると良いですよ!

 

採点は人間が行うので、印象も重要です。

 

<他に注意すること>

コンクールには予選と本選が分かれているものが大半です。(少なくとも私が出場したものはそうです)

 

予選も一回とは限りません。予選と本選の間隔が非常に狭い場合もあります。

 

・予選と本選の開催日の把握

・予選が分かれている場合、別の曲を演奏する必要がある場合が多いので、選曲の確認

・基本的に暗譜が当たり前(中には楽譜を見てOKな場合もある)

・演奏時間の把握(演奏曲の順番は問わないが3分以内等の条件が付いている場合がある)

・セットアップ時間が演奏時間に含まれる場合もある

 

ここは押さえておきましょう。

 

一番やってはいけないのは、申込みをした時と違う曲を弾くと失格になります。(そんな事、普通はしないけど)

 

出場するコンクールには、ホームページがあるはずなので条件を良く確認しておきましょう。ピアノの先生に任せきりではなくて、親も必ず確認して把握しておくことが大切です。

 

3、入賞をする人はきちんと対策を取っている

 

練習は、日程を組んで練習していきます。少なくとも一ヶ月は余裕を見て曲は完成させます。

 

その場合、今からという考えではなく、コンクールの日から遡って日程を組みましょう。

 

ある程度弾けるようになったら、本番形式で練習をすると良いです。絶対にぶっつけ本番はしないようにしましょう。以下の項目に注意です。

 

①礼の仕方
②座った後の呼吸の整え方
③最後の一音まで手を抜かない
④弾き終わった後の手の置き方
⑤最後の礼

 

敢えて言うと、本番の時の靴も履くと良いです。また、室内では難しいですが静かに歩く練習もします。(ホールでカツカツ歩くのは見苦しい)

 

先生にそのコンクールの出場経験があるのであれば、どの項目が重要視されているかの傾向を聞くことも出来ます。

 

始める前、先生とじっくり対策を練りましょう。慣れ親しんだ先生を信用し、一緒にやると良いかと思います。専用の先生に習うといった手もありますけどオススメはしません。

 

質問者さんのお子様がコンクールに出るということは、それなりのレベルの子だと思います。良い賞を取れるように頑張ってくださいね(^^

 

入賞しなかった場合でも、こういった事に慣れさせる機会はそうそうないので、割り切って楽しくさせてあげてください。良い経験になると思います。

 

ではでは。

 

P.S. 制限時間

予選などで、参加人数が多い場合などは制限時間がある場合があります。

 

曲の途中でも容赦無く打ち切りになる事もあるので、その場合、子供が「えっ??」とならないように説明をしておくと良いです。私も一度知らなくて内心プチパニックになった事があります。ちなみに、その場合もきちんと採点されています。

 

ここだけの話、私は本番に弱くありえない所でミスをしたりしました。コンクールの緊張は独特であり、私は嫌いです。ホント真面目にウ○コ漏らすくらい緊張した記憶があります。だから中学まででコンクールは出なくなったのもあるんです・・・。

 


私が長い間ピアノをやめなかったコツや、

習慣化して長く続けることが出来る方法、

または、以下の様な内容について私の体験談と一緒に配信しています。

・ピアノが習いたい、習わせたい

・ピアノに関する情報が欲しい

・早く弾けるようになりたい

・興味を持たせる方法が知りたい

・習慣化させて長く続けたい

無料で配信しているので、興味があればどうぞ

⇒ ケンのメルマガ


-Q&A
-, ,

執筆者:


  1. […] これは別の投稿でも触れてます ⇒コンクールに入賞する為には […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

暫く休息してまた始めるまでの繋ぎ Q&A⑪

こんにちは。ケンです。   メルマガに登録して頂いている中でアンケートを取っているのですが、その中で珍しい方がいたので記事にしたいと思います。   目次1、小さい頃で辞めて、高校で …

暇な人しか出来ないの? Q&A⑨

こんにちは。ケンです。   このようなメッセージを送ってくれた方がいました。   「ブログもピアノもやる時間があるって暇なんですか?」   「そうです、暇です(^^) 」 …

隣の鍵盤を弾いてしまう Q&A⑬

こんにちは。ケンです。   ピアノを弾いている時、ドの音を弾きたいのに、レやシの音を弾いてしまう事はありませんか?   単音ならともかく、和音を弾いたりするとこのような現象が起きま …

ピアノの設置場所は何処が良いですか? Q&A ④

こんにちは。ケンです。   ブログの読者さんからメッセージを頂きました。 いつもありがとうございます(^^   「ピアノを始めようと思っているのですが、ピアノは何処に置くのが良いの …

左右の音が揃わない場合の練習はどう行うか? Q&A⑯

こんにちは。ケンです。   前回の投稿で、和音を弾いた時に指をバラバラと離してしまうといった記事を書いたのですが、そんな記事を読んで頂いた方から・・・   「弾き始めや、左右の音を …

プロフィール

     ケンのプロフィール

1979年生まれ 三重県出身

主なピアノ歴は6歳から22歳まで。就職がきっかけで一度辞める事となったが、生活が落ち着いてきた為にまた始め、1年が経過しました。

テンポの早い曲が好きで、逆にゆっくりなのは苦手。 最近は弾きたい曲を探して楽しくやっています。

このブログでは、ピアノを始めようといった初心者の方や、音楽に興味を持っていただいている方へ情報を発信しています。ブログ更新は不定期ですが、なるべく一週間の内に更新しています。

さらに詳しいプロフィールをご覧になっていただける方は こちらからどうぞ

--------------------------------------

ブログランキングに参加しています
応援宜しくお願いします。ポチっ♪
↓↓ 


ピアノ ブログランキングへ

お気に入り登録

--------------------------------------

お気に入り登録

『 Ctrl + D 』 

で追加できます。

--------------------------------------

人気記事一覧

人気記事一覧

サイトマップ

 

全ての投稿はココからどうぞ。

サイトマップ

最近の投稿一覧

--------------------------------------

最近の投稿一覧

カテゴリー別

--------------------------------------

カテゴリー別

アーカイブ