練習

ピアノの練習方法(初級編)

投稿日:2017年2月7日 更新日:

Pocket

 

こんにちは ケンです。

 

私が小さい頃、実際にやっていた練習方法を投稿します。

 

一般的に言われている方法と違うかも知れませんが、
参考になれば幸いです。

 

今回は、まだピアノをやり始めたばかりの頃の内容です。

 

私の教本の進み方も軽く説明したいと思いますので、
よかったら読んでくださいね(^^

 

-目次-

1、教本の進み具合

2、練習時間

3、全体練習

4、部分練習

5、最終ステップ

6、まとめ

 

練習ステップの内容だけだと3⇒4⇒5 です。

 

1、教本の進み具合

練習内容の前に、私が行った教本について説明します。

 

→ 時系列 →
バイエル ⇒ ブルグミュラー ⇒ ツェルニー ⇒ ソナチネ

 

小学校1年からピアノをはじめて

 

1年目:バイエル ⇒ ブルグミュラー
2年目:ブルグミュラー
3年目:ツェルニー30番(途中から+ソナチネ)

 

このような感じだったと思います。
(練習の初級編なので、このあたりまでの教本としますね)

 

1年目最後の発表会は、
ブルグミュラーのアラベスクだったのを覚えています。

 

またどこかで、
バッハの教本もあったような気がしますが、
記憶が定かではないので、省略します。

 

周りの人の進み具合と比べると、
教本の進み具合は、
早い方だったのではないでしょうか。

 

実は、私には兄がいるのですが、(今も音楽関係で仕事している)
その兄の影響が大きく、
先にピアノをやっていたことで、
練習の仕方を教えてもらっていました。

 

だから、
練習方法も定まっていたのだと思います。

 

2、練習時間

私の練習時間は毎日決まっていました。

 

朝起きてからトイレに行き
20分~30分です。

 

正確には朝食を取る前です。

 

寝坊などイレギュラーなことがある場合以外は、
毎日触っていました。

 

夕方は基本的に練習はしませんでしたが、
どうしても朝に出来なかった場合のみ、
触っていたように思います。

 

3、全体練習

 

ここから練習方法に入っていきます。

 

まず、その日初めてピアノを弾く場合は、
一通り通して弾きます。

 

どれだけ間違えようが、
お構いなしです。

 

弾く速度は、
ゆっくり一定の速度(自分が弾きやすい速度)です。

 

これにより、
間違える箇所、苦手な箇所がわかります。

 

4、部分練習

 

練習をし始めると、
何度やっても上手く弾けない部分が出てきます。

 

また、毎回同じ場所で間違える所が出てきます。

 

そういったところを重点的に練習します。
いわいる反復練習です。

 

手順は以下の様な形です。

 

①ゆっくり間違えない速度で弾く
②間違えなくなったら少しずつ速度をあげていく
③本来弾くべき速度で弾ける練習をする

 

①の場合、音符記号は無視、音のみの集中
②の場合、指の番号を確認、とにかく楽譜通りに弾く

 

このような形でやっていました。

 

ただ、何度やっても上手くできない部分は
何度やってもその日はなかなか弾けません。

 

私の場合、
同じ場所の練習は5分で区切るようにしていました。

 

5分くらいたっても弾けないなら諦めて、
次のフレーズに行くようにします。

 

5、最終ステップ

 

3、4項ができるようになったら、最終ステップです。

 

①部分練習をしながら、間違える箇所が無くなったら、
全体を通して間違えないように弾く練習をする。

 

②全体を通して間違えないようになったら、
テンポや表現に気をつける。

 

私は上記のような形をいつも言われて、
やっていたように思います。

 

6、まとめ

各練習の意味ですが、

 

全体を通して弾くのは、間違える箇所を見つけるため

部分練習をするのは、弾けない場所を繰り返し練習するため

 

私の練習に対する考え方ですが、

 

できない所は、何度やってもその日は無理

 

という考え方を持つことだと思います。

 

正確には弾けるようになる時がやってくるのでしょうが、
練習時間が多くなってしまいがちです。

 

ダレてきて、つまらなくなってくるので、
やる気が落ちてくるんですよね。

 

時間で区切った方が、はるかに効率的です。
新しい所に進むので、やる気も出ますよ。

 

区切って諦めると、いつまでも弾けないままではないか?
と思う人もいるかと思いますが、
そんな事はないので大丈夫です。

 

上記はあくまで私の練習法ですが、
参考に出来るところがあれば幸いです。

 

P.S.

 

実は、全体を通して弾くということは
初見で弾くというスキルを身につけるために役立ちます。

 

・・詳細は別に機会に投稿しますね。

 

ではでは

 


 

私が長い間ピアノをやめなかったコツや、

習慣化して長く続けることが出来る方法、

または、以下の様な内容について私の体験談と一緒に配信しています。

 

・ピアノが習いたい、習わせたい

・ピアノに関する情報が欲しい

・早く弾けるようになりたい

・興味を持たせる方法が知りたい

・習慣化させて長く続けたい

 

無料で配信しているので、興味があればどうぞ

⇒ ケンのメルマガ


 

-練習

執筆者:


  1. […] ピアノの練習方法(初級編)での練習もこの初見を見据えた練習方法です。 […]

  2. […] 初級編はここです ⇒ピアノの練習(初級編) […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

中級者向け練習方法

こんにちは ケンです。   今回はピアノの練習方法(中級~)です。 初級編はここです ⇒ピアノの練習(初級編)   私が学生の頃、どれくらい上手だったのか聞かれることがあります。 …

トリルに苦戦中

こんにちは ケンです。   ピアノを再びやり始めてから、半年以上経ちました。   小さい頃あまり苦労した記憶がありませんが、 今はトリルというもの、トリルの様な指の動きに苦戦してい …

ピアノを弾きながら歌う。弾き語りの方法

こんにちは。ケンです。   保育園などでは良く見かけますが、”伴奏”と”歌”を同時にすることができる人いますよね?   自分で伴奏しながら、園児も見つつ、自身も歌う事です。これって …

同じ場所がどうしても弾けない場合はどうする? Q&A23

こんにちは。ケンです。   誰もが陥る可能性のある、練習の事について触れたいと思います。何故なら、、こういうメールが時々くるのです。   「どうしても練習で上手く行かない所がある場 …

一番はじめにやる教本、バイエルとバーナム?

こんにちは ケンです。   少し前の話ですが、 正月に帰省した際に楽譜を取りに行きました。   今回は子供の頃に一番初めにやった教本についての投稿です。   私は一番はじ …

プロフィール

     ケンのプロフィール

1979年生まれ 三重県出身

主なピアノ歴は6歳から22歳まで。就職がきっかけで一度辞める事となったが、生活が落ち着いてきた為にまた始め、1年が経過しました。

テンポの早い曲が好きで、逆にゆっくりなのは苦手。 最近は弾きたい曲を探して楽しくやっています。

このブログでは、ピアノを始めようといった初心者の方や、音楽に興味を持っていただいている方へ情報を発信しています。ブログ更新は不定期ですが、なるべく一週間の内に更新しています。

さらに詳しいプロフィールをご覧になっていただける方は こちらからどうぞ

--------------------------------------

ブログランキングに参加しています
応援宜しくお願いします。ポチっ♪
↓↓ 


ピアノ ブログランキングへ

お気に入り登録

--------------------------------------

お気に入り登録

『 Ctrl + D 』 

で追加できます。

--------------------------------------

人気記事一覧

人気記事一覧

サイトマップ

 

全ての投稿はココからどうぞ。

サイトマップ

最近の投稿一覧

--------------------------------------

最近の投稿一覧

カテゴリー別

--------------------------------------

カテゴリー別

アーカイブ