まめちしき

走ってしまう。ナゼか?

投稿日:2018年1月5日 更新日:

Pocket

こんにちは。ケンです。

 

ピアノを弾いていると、気付かない内にテンポが早くなったり遅くなったりしてませんか?

 

自分が気付かない内に、どんどんテンポが変化してしまって早くなっていくのを”走る”と言ったりします。

 

自分が練習しているときにも感じます。今回はそんな走るといった内容です。

 

 

1、走る原因

私が小さい頃、よくこれを指摘されていました。

 

「ハシるんじゃないよ!」って言われて、手をバシーン!って叩かれてました(汗)

 

いつの間にか、テンポが早くなっていくんですよね。

 

リズム感が無いと、テンポを一定に保つのが難しいなんて思う人もいるかもしれませんが、ピアノに関しては違うと思います。

 

私が思う原因としては、楽譜の中で簡単に弾ける部分と難しい部分が出てくる事が最大の原因だと思います。

 

簡単な部分が出てくると、パパッと省略して弾きたくなってテンポが早くなり、難しい部分は慎重になって遅くなってしまうんだと思います。

 

他に考え付くのは、八分音符や十六分音符を早いテンポで続けて弾き続けたりすると”走る”という文字通り、気づかない範囲で指が早く動いてしまいます。

 

こういった心の中と言いますか、、走るという現象は心理的な要因が大きいと思っています。極端に早くなったり遅くなったりすると自分でも気付きますが、少しの変化だと自覚出来ない事も多いです。

 

ピアノのレッスンでは、先生が手拍子する場合もあるかと思いますが、このテンポが崩れるのを正してくれているんです。

 

2、走っている事を確認する方法

結論から書くと、生ピアノの場合はメトロノーム。電子ピアノの場合でも大半の機種にメトロノーム機能が搭載されています。

 

メトロノームとは、一定のリズムを刻んで音を出してくれる音楽用具です。(本番は使ってはダメです。練習の時だけ使います)

 

これを使う事で一定のリズムを刻む事が可能です。

 

この機能を使ってピアノを弾いてみましょう。弾いているうちに、「ここは遅く感じる」「ここは早く感じる」そういう箇所が出てきます。

 

そこは本来のテンポからズレている部分になります。

 

・・・え?設定の仕方がわからない? 楽譜の初めや途中で変わる場合は書いてあります。この数字通りに設定しましょう。

ここで言うと86という数字がテンポになります。

 

 

特に独学の人の場合、この走るといった状態に気付かない時があります。そのまま人に聴かせたりすると聞き苦しい状況となります。音楽にとってテンポとは基本的な要素であり、これが大きく乱れると、とても聴いていられません。

 

もし、人前で演奏をする機会がある人は、一定のテンポで弾けているかの確認をしてみて下さいね。

 

また、どうしても走ってしまう人は楽譜に書き込みをしても良いでしょう。私の場合、走る部分に赤鉛筆で「テンポ守る!!」と書いていたりしました。

 

貴方は弾いている内に無意識に走っていませんか??(自分にも言っています・・・)一度確認してみてくださいね。

 

ではでは。

 


私が長い間ピアノをやめなかったコツや、習慣化して長く続けることが出来る方法、または、以下の様な内容について私の体験談と一緒に配信しています。

・ピアノが習いたい、習わせたい

・ピアノに関する情報が欲しい

・早く弾けるようになりたい

・興味を持たせる方法が知りたい

・習慣化させて長く続けたい

無料で配信しているので、興味があればどうぞ

⇒ ケンのメルマガ


 

-まめちしき
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

テンポ(速度)について

こんにちは   どんな音楽にも必ずテンポというものがあります。 今回はこのテンポについての話です。   初心者にありがちな内容も書いているので、 ドキッとする方もいるかもしれません …

ピアノを弾いて癒されよう

こんにちは。ケンです。   色々とゴタゴタしていて、ブログ更新がままならない状態です。   そうは言っても、通常通りコーラスの伴奏したり、片手間で子供のピアノを見たりしています。毎 …

演奏を客観的に聴いてみよう

こんにちは。ケンです。   自分がどのようにピアノを弾いているか気にしていても、実際にどんな風に弾けているか聴いたことありますか?   聴いてみるとちょっと恥ずかしくなってしまう事 …

譜面台や補助譜面台って何?

こんにちは。ケンです。   ピアノでもそうですが、 どんな音楽でも楽譜がありますよね。   楽譜を置く台を譜面台と言います。 “楽譜立て”なんて言う人もいる …

音符が読めるようになろう! カタカナ併記について

こんにちは   初心者の頃は、 楽譜を読むのが難しいと感じてしまいますよね。   楽譜を見て、 書いてある音符が、何の音なのかサッパリわからないって人もいると思います。 &nbsp …

プロフィール

     ケンのプロフィール

1979年生まれ 三重県出身

主なピアノ歴は6歳から22歳まで。就職がきっかけで一度辞める事となったが、生活が落ち着いてきた為にまた始め、1年が経過しました。

テンポの早い曲が好きで、逆にゆっくりなのは苦手。 最近は弾きたい曲を探して楽しくやっています。

このブログでは、ピアノを始めようといった初心者の方や、音楽に興味を持っていただいている方へ情報を発信しています。ブログ更新は不定期ですが、なるべく一週間の内に更新しています。

さらに詳しいプロフィールをご覧になっていただける方は こちらからどうぞ

--------------------------------------

ブログランキングに参加しています
応援宜しくお願いします。ポチっ♪
↓↓ 


ピアノ ブログランキングへ

お気に入り登録

--------------------------------------

お気に入り登録

『 Ctrl + D 』 

で追加できます。

--------------------------------------

人気記事一覧

人気記事一覧

サイトマップ

 

全ての投稿はココからどうぞ。

サイトマップ

最近の投稿一覧

--------------------------------------

最近の投稿一覧

カテゴリー別

--------------------------------------

カテゴリー別

アーカイブ