まめちしき

奏法と腱鞘炎

投稿日:

Pocket

こんにちは ケンです。

 

今回は奏法について触れていきたいと思います。

ピアノの演奏法のことですね。

 

それと併せて、腱鞘炎の話もしたいと思います。

どうして腱鞘炎の話が一緒になるのかって言うことは

次をご覧下さい。

 

奏法

 

私の場合、ピアノの演奏法の指導を受けた事がありませんが

 

・重量奏法

・ハイフィンガー奏法

 

このような演奏の仕方が世の中にはあるようです。

 

私が小さい頃、このような事は知らなかったし

ピアノを弾くときに言われていたことと言えば、

 

・手の形は卵を持つイメージからちょっと広げた感じ(楽にする)

・体の力を抜くこと

・椅子には深く座らないで、真ん中よりも前に座ること

 

このくらいです。

 

ハイフィンガー奏法とは

手首を固定して指先だけの力で弾く奏法のことです。

 

力強い音を出すためには、指を挙げて鍵盤に叩きつけるため

ハイフィンガーという名前がついたようです。

 

重量奏法とは、重力奏法と書く人もいるのかな?

指の形は自由、力を抜いて重心移動で弾く奏法です。

 

私の場合はどっちだったのか良く分かりませんが、

体の力を抜くことと、手首を固定することは言われていなかったこと、

さらに言うと椅子の前の方に座ることで体を使ってピアノを弾くことから

重量奏法に近かったのかと思います。

 

でも、実際の所良く分かりません。奏法なんて言葉知らなかったし!

 

ピアノを弾き始めるときに注意していたことと言えば

 

注意していたことは、

 

・肩の力を抜く

・ナゼか頭が傾くのでまっすぐにする

・弾く前に両手ブラブラ、力を抜いてから弾く

 

ここは意識していました。

 

奏法云々ではなく、余計な力は抜くって感じですね。

 

私の場合、上に書いたような奏法に当てはまらない気がする・・・

敢えて言うなら、中途半端!

 

なぜ中途半端かというと、

私は過去に一度だけ、

腱鞘炎でコンクール参加出来なかったことがあります。

 

重量奏法の場合、腱鞘炎になりにくいのだとか。

(私はなっちゃったので、中途半端な奏法という意味です(^^;)

 

腱鞘炎のきっかけ

 

事の発端は、小学校5年生の時のコンクールです。

 

いつも私は30分くらいしか練習しませんが、

期限があるので、一時期集中して練習をしていたんです。

 

朝1時間
夜3時間

 

これくらいだったような気がします。

 

普段練習しない人が突然たくさん練習をし始めた事と、

小学校の頃は体も小さく、体が出来上がっていなかったこともあると思います。

 

なってしまったのは、

コンクールの3日くらい前ですね。

 

「左手首がなんか痛い」 ←指じゃなくて、手首です。

 

親指を動かすと違和感があって、手首が痛いんです。

湿布貼ったくらいでは、ダメでした。

 

そしてピアノの先生に相談をしたワケです。

「なんか手首が痛いんですけど・・」

 

腱鞘炎の可能性があるから病院へ行けと言われました。

 

その結果、見事に腱鞘炎です。笑

 

炎症が治まるまでピアノはできないし、

当然コンクールも出れませんでした。

 

今となってはいい思い出です(本当か?)

 

親からは、

「普段練習しない奴が、張り切って練習するからだよ」

って言われました。

 

先生からは、

「次はもっと早くからコツコツやろうか」 って言われました。

 

でも、次のコンクールも結局追い込みかけたんですけどね・・!

 

ということで、
奏法は置いておいて、みなさんピアノをするのはホドホドに・・・。

 

なんでもやりすぎは良くありません。

体壊しちゃ意味ありませんので。

 

P.S.

スマホの使い過ぎでも腱鞘炎になるみたいです。

普段使わない筋肉を使って持ったりするからみたいですね。

 

指(特に親指)に痛みを感じる人は要注意ですよ!

 

ということで、今回はこの辺りで。

 


私が長い間ピアノをやめなかったコツや、

習慣化して長く続けることが出来る方法、

または、以下の様な内容について私の体験談と一緒に配信しています。

・ピアノが習いたい、習わせたい

・ピアノに関する情報が欲しい

・早く弾けるようになりたい

・興味を持たせる方法が知りたい

・習慣化させて長く続けたい

無料で配信しているので、興味があればどうぞ

⇒ ケンのメルマガ


 

-まめちしき
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

壁にある丸い穴

こんにちは ケンです。   穴の話をしたいと思います。   コンサートホールだったり、 学校の音楽室や放送室、 視聴覚室や体育館の壁にある穴の話です。   こんなのよく見 …

鍵盤から指を離す時に思う事

こんにちは。ケンです。   前回はタッチの話をしたので、その流れで鍵盤を打鍵した後の事を書きたいと思います。 ⇒タッチについて考えてみる   いつも話をしているピアノの先生の家には …

グリッサンドの練習で流血

こんにちは。ケンです。   ピアノの演奏を聴いていて、『カッコイイーー』と思う瞬間の一つ、グリッサンド。   その演奏に憧れ、練習のし過ぎ(?)で鍵盤に血が付いた事もあります。 & …

自分で調べると理解が早くなる。楽譜記号の調べ方について

こんにちは。ケンです。   ピアノを習いに行っている人は余りこの問題に直面しませんが、独学でやっている人の中には楽譜上の記号や、書いてある内容が分からないという人も居ます。   特 …

音符が読めるようになろう! カタカナ併記について

こんにちは   初心者の頃は、 楽譜を読むのが難しいと感じてしまいますよね。   楽譜を見て、 書いてある音符が、何の音なのかサッパリわからないって人もいると思います。 &nbsp …

プロフィール

     ケンのプロフィール

1979年生まれ 三重県出身

主なピアノ歴は6歳から22歳まで。就職がきっかけで一度辞める事となったが、生活が落ち着いてきた為にまた始め、1年が経過しました。

テンポの早い曲が好きで、逆にゆっくりなのは苦手。 最近は弾きたい曲を探して楽しくやっています。

このブログでは、ピアノを始めようといった初心者の方や、音楽に興味を持っていただいている方へ情報を発信しています。ブログ更新は不定期ですが、なるべく一週間の内に更新しています。

さらに詳しいプロフィールをご覧になっていただける方は こちらからどうぞ

--------------------------------------

ブログランキングに参加しています
応援宜しくお願いします。ポチっ♪
↓↓ 


ピアノ ブログランキングへ

お気に入り登録

--------------------------------------

お気に入り登録

『 Ctrl + D 』 

で追加できます。

--------------------------------------

人気記事一覧

人気記事一覧

サイトマップ

 

全ての投稿はココからどうぞ。

サイトマップ

最近の投稿一覧

--------------------------------------

最近の投稿一覧

カテゴリー別

--------------------------------------

カテゴリー別

アーカイブ