まめちしき

ドの基準位置とト音記号,へ音記号

投稿日:

Pocket

こんにちは

 

ピアノの鍵盤でいつも使う基準のドの位置と

ト音記号、ヘ音記号についての内容です。

 

ピアノは標準で88鍵あるのですが、

初めての方は、楽譜で表される音符と鍵盤の位置がわかりにくいです。

 

88鍵盤の内、実は”ド”の数は8個もあります。

 

ト音記号、ヘ音記号の話と併せて基準の”ド”を説明することで、

一回読めば、サッと理解出来ちゃうと思います。

 

これからピアノを始めようって人は参考にしてくださいね。

 

—目次—

 

1、基準ドの位置

2、ト音記号、ヘ音記号

 

 

1、基準ドの位置

 

言葉で説明するより、実際見た方が早いので、

以下の画像をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

88鍵盤のピアノで、鍵盤上の基準のドと書いた位置の音符は、

楽譜上では上図にあるドの位置となります。

ドだけを数えた場合、左の端から4番目のドが基準です。

 

図に書いてある”ド”は、

ト音記号の場合、ヘ音記号の場合の両方が書いてありますが、

同じ”ド”を指しています。 

 

これを知っていると、基準のドの位置が分かります。

 

ト音記号、ヘ音記号同じ位置の”ド”を書いてみましたが、

ちょっとした注意点があります。

これらは、次から説明します。

 

2、ト音記号、ヘ音記号

 

前回の投稿で「ド、レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シ、ド」はイタリア語

日本語だと「ハ、ニ、ホ、へ、ト、イ、ロ、ハ」だという話をしたのですが、

 

ト音記号は、日本語のト(ソの音)

ヘ音記号は、日本語のへ(ファの音)

 

これを表しています。

ト音記号とは、日本だけで通用する呼び方です。

 

イタリア語でそれぞれについて言うと、

 

ト音記号→「ソ記号」  chiave di sol(キアーブ、ディ、ソル)

ヘ音記号→「ファ記号」   chiave di fa(キアーブ、ディ、ファ)

 

と言われます。(日本語で発音し易いようにカタカナで書きました)

 

どうしてそのような名前になるかと言うと、

それぞれの記号の形を見ればわかります。

 

ト音記号は「ソ」の音をクルクルと囲んでいます。

これはソ(日本名:ト)の音を表しています。

だから、ト音記号と言われます。

 

ヘ音記号はファの位置から始まってクルっとしています。

ファ(日本名:へ)の音を表しているから、

ヘ音記号と言われます。

 

実に単純ですよね(^^

 

・ト音記号とヘ音記号の違い

 

ト音記号は高音部(右手)

ヘ音記号は低音部(左手)

 

といったように使われる事が多いです。

 

五線譜上で同じ位置に音符を書いても、違う音になります。

ト音記号とヘ音記号は3音ズレています。

 

例えば、ト音記号でソの音を考えてみます。

ト音記号では”ソ”、ヘ音記号では3音ズレて”シ”になります。

基準のドから順番に一音ずつ下っていけば、わかると思います。

 

 

 

 

この図でト音記号だと、「」。ヘ音記号だと「」になる。

 

ヘ音記号側は、基準のドから順番に一音ずつ下っていけば、

これがシの音になるとわかると思います。

 

基準の”ド”を説明しましたが、鍵盤の位置で考えると、

・ト音記号は基準のドから右側の領域を使います。

・へ音記号は基準のドから左側の領域を使います。

 

基本的にはこのように考えることで、

より鍵盤の位置を理解できるのではないでしょうか。

 

 

今回は、基準のドとト音記号、へ音記号について説明しましたが、

どうでしたでしょうか?

 

何か難しいな・・・。って思っていても

やっていれば慣れていきますから、何も心配はいらないです。

 

五線譜のどの位置が何の音になるのかは、

直ぐに判別できるようになりますよ(^^

 

では、今回はこの辺りで!

 


私が長い間ピアノをやめなかったコツや、

習慣化して長く続けることが出来る方法、

または、以下の様な内容について私の体験談と一緒に配信しています。

・ピアノが習いたい、習わせたい

・ピアノに関する情報が欲しい

・早く弾けるようになりたい

・興味を持たせる方法が知りたい

・習慣化させて長く続けたい

無料で配信しているので、興味があればどうぞ

⇒ ケンのメルマガ


-まめちしき
-, ,

執筆者:


  1. […] 既に投稿しているので、こちらの投稿をご覧ください⇒基準のドの位置 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

朝活にピアノは最適です

こんにちは、ケンです。   2008年頃から朝活という言葉が使われ始めました。   朝活   知らない方もいると思うので、 朝活の説明をします。   朝活とは …

フェルマータについて

こんにちは。ケンです。   楽譜を見ているとちょくちょく出てくるフェルマータ。 大半の人は意味を知っていると思います。   今回はフェルマータの話です。   目次1、フェ …

グランドピアノ下の話

こんにちは 今回はグランドピアノの下の話です。   自宅に置いてあったり、 学校で置いてある場合だったり、 下に潜って遊んだ事、ありませんか?       &n …

花粉症が酷くて集中出来ない場合の対策について

こんにちは。ケンです。   ピアノ楽しんでますか? 私?私は最近始まった花粉症に悩まされていることもあり、あまり楽しめていません。   私が住んでいる長野はまだ気温が-10℃くらい …

壁にある丸い穴

こんにちは ケンです。   穴の話をしたいと思います。   コンサートホールだったり、 学校の音楽室や放送室、 視聴覚室や体育館の壁にある穴の話です。   こんなのよく見 …

プロフィール

     ケンのプロフィール

1979年生まれ 三重県出身

主なピアノ歴は6歳から22歳まで。就職がきっかけで一度辞める事となったが、生活が落ち着いてきた為にまた始め、1年が経過しました。

テンポの早い曲が好きで、逆にゆっくりなのは苦手。 最近は弾きたい曲を探して楽しくやっています。

このブログでは、ピアノを始めようといった初心者の方や、音楽に興味を持っていただいている方へ情報を発信しています。ブログ更新は不定期ですが、なるべく一週間の内に更新しています。

さらに詳しいプロフィールをご覧になっていただける方は こちらからどうぞ

--------------------------------------

ブログランキングに参加しています
応援宜しくお願いします。ポチっ♪
↓↓ 


ピアノ ブログランキングへ

お気に入り登録

--------------------------------------

お気に入り登録

『 Ctrl + D 』 

で追加できます。

--------------------------------------

人気記事一覧

人気記事一覧

サイトマップ

 

全ての投稿はココからどうぞ。

サイトマップ

最近の投稿一覧

--------------------------------------

最近の投稿一覧

カテゴリー別

--------------------------------------

カテゴリー別

アーカイブ